KAKUTAトップ  >  プロフィール  >  横山真二の日記  >  2007年11月 の記事
2007年11月 の記事
『20代最後の日々』…久々の日記
2007/11/08 木曜日

客演先の公演が終了した。
ご来場頂いた方本当にどうもありがとうございました。

稽古が始まってしまうと決まって本番終了まで日記の更新をしなくなってしまう。
これ本当にダメなところ。
色んなことが大変で日記書いてる暇がないって?
そんなのいい訳でしょ!!!

あのさ~。芝居が好きで芝居やってて、劇団入って劇団のHPで日記書いてるのに、芝居の稽古、本番中には書かないってどういうこと?
もちろん、無理して日記書けってわけじゃないけど、そういう時こそ思ったことや感じたことっていっぱいあるんじゃないって思う。実際あったし。


なんてことを別の人のブログを読んで思った。
えー、お笑いコンビ「品川庄司」の品川さんのブログである。

人気のブログらしい。
人に関してや見たことに関して感じたことをまっすぐに書いてあり、とても優しい心温まるブログでした。

もっと日々感じたことを残そうと心から思った。

遅ればせながら、客演先「モンキーWORKS」終了。
主催の松井さんをはじめ共演者のみんなの一つの作品を作り上げた約1ヶ月間。
もちろん、稽古が停滞し思い悩んだこともいっぱいあった。
反省点もいっぱいある。

この作品をこのメンバーでやることは二度とないだろう。
でも、このメンバーとこの作品を作り上げた日々は忘れない。

モンキーWORKS「のみこむ。」関わってくださった全ての方に感謝。

本当にありがとうございました。



『20代最後の日々』…ダブルヘッダー
2007/11/09 金曜日

今日は、昼と夜で芝居を観てきた。
昼は、阿佐ヶ谷のシアターシャインという劇場だ。
初めて行く劇場だったな。駅から近いし、商店街の中で立地はなかなかいい。

KAKUTAに何度もお手伝い頂いてる森下君の作・演出の芝居で、何度もお手伝い頂いている野口君が出演の芝居だ。
野口君という人は普段からなんだか中性的な人で一見アッチの人かなと思ってしまうほど、普段かキャラが強い。
彼は、ストーカーの役でストーカーであるながら相手の子の家族に入り浸ったっていて家族で顎で使われているみたいな、とっても彼にぴったりな役だった。

nogu.jpg
写真は終演後の野口君。写真だけでもキャラが強いのがよくわかる。


夜は、ONEOR8を観劇。あまりに周りの評判が良く。これは行かなくてはと思いにかられ出演の瓜生さんに前日に無理を言って席取ってもらった。

TOPS超満員でした。いったい何人入っていたんだろう。あんなにいっぱいのTOPは初めて見た。
5Fにもかかわらず、列が1Fまで続く。

芝居の内容はというと家族物で4人姉妹のお話。とっても心温まるお話でした。自分の母親へ思いなどとリンクして心にグッときた。
zebra2.gif

長女役で出演していた、ラッパ屋の弘中さん。素敵な女優さんだなー。
うん。凄く素敵。
昔からラッパ屋も観ていて、外部の出演の舞台も何度も観ているけど、やっぱり素敵。
色ん劇団や、違う集団でやっぱり素敵に見えるって凄いことだなって本当に思う。

それから、ONEOR8の野本さんと、モダンスイマーズの津村さんのおかしなコンビは息ぴったりで本当に面白かった。いやー息ピッタリでした。
ずっと二人組みで出てくる役だったんだけど、ああいうのって長い稽古中ずっと二人で一緒だから途中で一緒に居過ぎてちょっと倦怠期になったりするんだよな…。
「北極星から十七つ先」で松田君とガッツリ高校生コンビをやった時をちょっと思い出した。

倦怠期を超えた分、超えると凄い絆が生まれるんですよ。
ん?ちょっとこの発言気持ち悪いな…。

久しぶりに観劇でダブルヘッダー。充実した一日でした。



『20代最後の日々』…休養日
2007/11/10 土曜日

モンキーWORKS終わってから、なんだかんだ色々予定が入っていたりで、初めての完全オフ。
今日は、板橋区にある「お風呂の王様」というスーパー銭湯に行ってきた。
いやー。ここ、マジいい。広くてサウナもあって、食堂もあって、露天風呂もあって。
しかも全部広いし、綺麗。

しかも、料金たったの600円ポッキリ。
今、普通に銭湯行っても400円だっていうのに。これだけ完備されていて、600円ポッキリなんて…。
普通に感動した。
サウナに何度も入り、サウナで全日本バレーの応援を頭からしていたら、3時間たって。全然汗でなくなった。

わかってたことだけど、汗を出し切っても僕のお腹は引っ込まないということを確信する。


バレーの応援をしていたら(日本×ポーランド戦)
21時から始まって、1セット目はポーランドが2セット目は日本が取る。
応援する方もかなり手に汗握る展開だ。(サウナだから体中に汗握っていたが…)
どうでもいいけど、全裸の男達が女だらけの試合を一生懸命応援する絵はなんだか面白かった。

もちろん、VTRなので3セット目に差しかかる時にテレビでは試合がカットされていて、2セット目終了し、CMが終わると4セットの途中だった。3セット目はポーランドが取ったようだ。時間は22時半。

ここで僕はかなり怒った。いくらVTRだからってこっちは勝利を信じて応援してんのに、この時間にカットしたら、時間的に23時終了として、試合が時間内に終わることを帳尻合わせるとして、普通に結果がわかってしまうじゃなーか!!!日本が4セット目取って最終セットに持ち込む時間は残ってない…。
ふざけんな!!テレビ!!(←局名まではわからない)

と思い、イライラしながら見ていると、日本が4セット目取ってしまった。

お?お?やったぁーーぁぁぁぁ…(ちょっと微妙な喜び)時間は23時。

ん?どうなってんだ?

その後、普通に最終ラウンド日本が取り見事勝利!!!
放送時間は23時半までだったらしい。

予想外の展開に喜びも2倍。

テレビ局よ。怒ってごめんなさい…。
スポーツは終了時間を確認せずに観るに限る。

%E3%82%81%E3%81%90.jpg
告白します。全日本の栗原恵選手。めっちゃ大好きです。いつも応援してます。
自分より大きい人に告白するのは初めてです。


夜、家で軽く弟飲む。
酔っ払って、なんだか焦げ臭いと思ったら、弟がライターで自分のヘソ毛を燃やしていた。
バカ過ぎる。しかし、なんだかホッとしたのも事実。
今年から、就職して社会人になったが、変わらないバカさ加減にホッする。

あまりにヘソ毛ライターPLAYが面白かったので、写真を撮らせてもらう。
akira.jpg
我ながらベストタイミング!!!



『20代最後の日々』…お台場
2007/11/11 日曜日

実は9月くらいから、ちょっとづつ自分で脚本、監督、演出をしてショートムービーを撮っている。
ショートムービーというと大袈裟だが格好つけてこう呼んでいる。

全然、本格的ではなく、出演者も全て素人である。
男7人のむさ苦しいものである。
メンバーは、僕の同級生が一名と弟とその友達がプラス4人だ。
全て同郷の人間で同級生は幼稚園から一緒の奴だし、弟の仲間は小学校位の時から一緒に遊んでいた奴らだ。
みんな東京に出てきたのでたまに遊んでいる。

ま、遊びの延長でみんなでカメラでドラマを撮っている。
別にどこに公開するわけでもない。

今日は、お台場の海での撮影。
朝5時に起きて車で全員でお台場へ。
この寒い中上半身裸でみんなに海に入ってもらう。

ついでに僕も入ったのだが、意外と暖かい。

自分で書いた脚本をいっぱい書いたつもりが読んでもらうと以外に数分で終わることにびっくり。
びっくりして

「ちょっと、早く終わりすぎだがらもう少しゆっくり大切に読んでやーー!!」

とわけのわからん演出したり。

自分もワンシーンだけ出ているのだが、NGを出しまくって年下達に

「シンさんしっかりしてくださいよー。」と言われたり。
%E3%81%8A%E5%8F%B0%E5%A0%B4.jpg
↑写真はお台場にて。ケツメイシのジャケット風。
撮影は15時前には終了し、軽く昼寝。


夜は、ご近所の高山さんと若狭さんを誘って、二日連続となるスーパー銭湯「お風呂の王様」へ。
写真は風呂上り後食堂でご飯を食べている写真。心霊写真のように写っているのボーダシャツの手が高山嬢。
%E3%81%95%E3%81%86%E3%81%AA.jpg
風呂上りで眉毛なし子になっているので写真はNGとのこと。

ちなみに眉毛なくても美人でしたよ!!(高山さんに強要された発言では決してありません)

%E7%89%9B%E4%B9%B3.jpg
風呂上がりのビン牛乳。最高です!!!



『20代最後の日々』…記録的豪雨
2007/11/12 月曜日

本当に最近めっきり寒くなってきた。
自転車族の自分としては本当にこたえる。

後、雨が多い。
ニュースで青森で記録的豪雨というのを見た。
車も半分くらい埋まっていたりして本当に悲惨な映像だった。
3年半ほど前に実家に帰省中に地元が豪雨に見舞われた。

いやー、玄関の前の二段の階段の2段目まで川から水が溢れて押し寄せてきた。
何も対策出来ずにただ、雨が止むのを祈るのみ。
どうにも出来ないって正にこのことだな…。

しかも自然が起こす災害は怒りのぶつけどころもない。

ただ、こういった突然の非常事態で家族の絆、大切さを認識出来たりもした。
まあ、失うものもいっぱいあったけど、得たもの大きかったかな。

青森のみなさん、頑張ってください!!



『20代最後の日々』…小腹が空いた時の定番
2007/11/13 火曜日

腹八文目というのが嫌いな横山です。
基本的に空腹時にお腹いっぱい食べるのが大好きなのですが、無性に小腹が空いて何かを口にしたい時がある。
そんな時は回転寿司へ行くのです。

今日も小腹が空いたので、自分で量を調整出来る回転寿司へ。

回転寿司は心躍る。
寿司の回転と一緒に僕の心も躍りまくる。

テンションは最高潮…。


結果、歯止めが聞かなくなる…。

%E3%81%99%E3%81%97.jpg
食べ過ぎる…。

そして、時に僕は生の魚を食べると上唇が腫れる…。

財布も空っぽ…。

踏んだり蹴ったりだ!!

回転の魔法は本当に一時でした。



『20代最後の日々』…テレビ携帯
2007/11/14 水曜日

テレビ携帯なんて全然便利じゃない。
使うもんか。
あんま電車も乗らないし…。いつ使うんだっつーの。
%E6%B9%BE%E8%83%8C%E3%82%B0.jpg
なんて思ってたけど、便利ですねーーー。
初めて今日使った。
画像も良ければ音声もちゃんとしてて。

どうしても全日本バレーの×キューバ戦が見たくて見たくて、でもテレビがなくて…。
そこで登場したのがワンセグ携帯。
いやー、しっかり応援させてもらいました。

残念ながら負けてしまったけど、いい試合でした。

後、新宿でバッタリ劇団員の松田君に会った。
声を掛たらえらいビックリして少々テンパリ気味だった。

どんだけぇ~。

やべっ。使ってしまった。
あまりにもこの言葉ハマるポイントだったから…。
ちょっと恥ずかしい…。



『20代最後の日々』…色んな青春<アオハル>
2007/11/15 木曜日

今日は、夏の朗読公演で共演した、ミッチーこと窪田道聡君の主宰/演出を勤める「世界名作小劇場 」を観劇に行って来ました。

実は、かなり前から…、いや、この公演をやるのを知ってからかなり楽しみにしていた。
毎日、ブログもチェックしながら、この日を今か今かと待ちわびていた。

演目はなんとKAKUTAの作品「青春<アオハル>ポーズ」!!!!

この作品は自分にとっても特別思い入れの深い作品だ。
KAKUTAの出演作第一発目である。

まだKAKUTAに入る前、以前所属していた劇団を辞め途方に暮れている僕に桑原さんが

「シン、良かったら出ない?」と誘ってくれたのだ。

KAKUTAでは初演、再演と二度上演してして初演の頃は23歳だった。
劇団員も全員20代で、正に自分にとっての青春<アオハル>でした。

この作品があったから今の自分があると本当に思う。
ここから、僕は色んな芝居に出会い、色んな人に出会った。

初演、再演と両方ともキャストで出演しているため、今日外からこの作品を観るのを凄く楽しみにしていた。

かなり、テンション高めに劇場入りし、セットを見た瞬間早くも何かかが込み上げてくる…(←どうかと思うが)

芝居の出来も、みんなチームワークが良くて凄く見ているこっちにまで楽しさが伝わってきた。
自分にとって大切な作品を出演者も凄く大切に思っているのが凄く伝わってきた。

今回、青春ポーズを観て、自分が忘れていた何か、いや、決して忘れてはいないんだけど、忘れそうになってしまうこと。
それを、凄く考えさせられた。

若くて、何でも我武者羅だったあの頃。
仲間と試行錯誤して笑って、怒って、時には泣いて作った<アオハル>。
全く別の<アオハル>があるなんて考えてもみなかった。
そして、僕らとは違った<アオハル>。

3%E4%BA%BA.jpg
一緒に観に来た、衣装のルリちゃんと、松田君。
%E9%9D%92%E5%B1%B1.jpg
KAKUTAでも共演した青山。いやー。若いよ。本当に君は。同い年とは思えん…。
%E3%81%86%E8%B2%BB%E4%B8%8A%E3%81%92.jpg
楽しくて初日、乾杯までお邪魔させて頂きました。図々しく最後までいたりして…。

本当に素敵な時間でした。


今週末まで江古田ストアにて上演中でございます。
素敵な<アオハル>がご覧になれると思います。
どれだけの人がこのブログ見てくださっているかわからないけど、お時間ありましたら是非<アオハル>堪能して来てください。



『20代最後の日々』…同級生と
2007/11/16 金曜日

地元から同級生が出張で東京に来たので、飲んだ。
小学校からずっと仲の良かった奴だ。
もう二児のパパ。

話しをしていると同級生も半分は結婚しちゃったかな。
でも、一緒にいる時は本当にバカ話で盛り上がる。

こいつが家に帰ってパパやっていると思うとおかしくてしょうがない。
小さい頃は、どこん家のパパも大黒柱って感じに見えてたけど、いざパパの年代になりそういう人達と接すると、
もちろん見た目は落ち着いたし、しっかりしてるけど、根底にあるものって変わらないなーって思った。
別の生活している仲間と、とことん飲む時もなかなか少なくなってきたから凄く新鮮で楽しかったな。
takaki.jpg
途中で一人加わり、最終的に家に泊まりに来て3人でアルバムを見ながら朝まで盛り上がった。



『20代最後の日々』…二度目のアオハル
2007/11/17 土曜日

えー、青春<アオハル>ポーズ観て来ました。
しかも2回目。
%E9%9D%92%E6%98%A5.jpg
いや、本当にオレこの作品好きなんだな…。

今日は、我等が主宰、桑原嬢と隣りだったので変に緊張した。
まあ、すぐそれも解けてゲラゲラ笑ってたけど。

終わってから、当時のアオハル話で盛り上がった。
これだよ…。
俺は当時の共演者とこれがしたかったんだ…。

桑原さんに、
「ヨッシャ。KAKUTAで青春ポーズやるぜ!!俺らまだ出来るよ!!!」と言うと、
あっさり却下が出た。

もうみんな30代だしな…。

いや、まだまだまだまだまだーーーーーー!!!
そんな気持ちになった日でした。



『20代最後の日々』…イメージ
2007/11/18 日曜日

今日は、次回公演の企画書などの発送の準備をする作業日でした。
sagyou.jpg
この日が来ると毎回、いよいよって気持ちになる。

劇団員に会うのも久しぶりだったりする。前回公演以来なんて人も。

シールを張ったり、字を書いたり、紙を折ったりと、いわゆる事務作業。
毎回、文字を書く班に行きたいと言うと、

「シンは字が汚いからダメ」と言われる。

で、実際書いてみると…

「お、上手いじゃん…。」と言う事になる。

毎回だ。
そろそろ覚えてくれよー。毎回だよ。(※格別そんなに字が上手と言う訳じゃないが、下手じゃない)
俺の顔ってそんな字汚いのか?
何度言っても、忘れるほど強烈に字が汚そうな顔ってこと?

作業後は麻生さんの家に言って、ご飯を食べる。
計7人分の飲み食いするものを全て麻生さんが作ってくれた。
なんて贅沢な…。
贅沢すぎて…全部食べてしまった。本当に美味しかったなーーー。

遅れて、我等が成清氏到着。
成清さん到着前に食べ過ぎて、ほとんど残っておらず、麻生さんはお腹の空いている成清さんのためにソーメンを作ってくれました。
すると、さっき散々食べたはずの男性陣が一斉に箸を。

すると、田中完さんに

「シン!!成がお腹空いてるから作ったのにお前が食べてどうすんだー!!」と叱られる。

えっと…。食べてなかったんですけど…。

聞くとこれもイメージらしい。
俺っていったいどんなイメージなんだよ…。

もっとプラスイメージ教えて…。
%E3%81%82%E3%81%9D%E3%81%86.jpg



『20代最後の日々』…伊勢丹柄
2007/11/19 月曜日

およそ、5年前に位買ったコート。
isetann.jpg
チェック柄が気に入ったが、ある理由でほとんど着てなかった。

これを着て街を歩いたり電車に乗ると、なんだか人の目線が自分に集中しているような気がする。
笑われているような気がする。

ある日、電車で確実に笑われている視線と声に気づいた。
その人達をよくみるとある紙袋を持っていた。
%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E4%B8%B9.jpg
これだ。そうです。新宿でよく見かける伊勢丹の紙袋だ。
そう!!伊勢丹柄と全く同じなのだ。

恥ずかしいけど、影で笑われてるのは、なんだかムカツク。
行ってきてくれれば反論もあるが、影で知らない人相手だとなんともしようがない。
そして、今年初めて今日このコートを着た。
案の定、数人に伊勢丹と言われた。

小さい男です。小心者何なんです。

このコートは今シーズンは封印します。



『20代最後の日々』…DM作業
2007/11/20 火曜日

本日、DM発送準備作業!!
おーーー!!いよいよです。

凄い楽しみ☆

劇団員で恒例の一筆書き。
届け!!みなさんの元へ!!!

本当に本当に楽しみだ!!!

先行予約で購入すると、もれなく「おまけCD」が付いてきます。
このおまけCD、公演観に来て頂いた時にもらえるのだが、歌あり、インタビューあり、劇中の別ストーリーがあったりなど、見終わった後にかなり楽しめるものなので、是非先行予約でお買い求めくださいませ!!!
DM.jpg
KAKUTA2.5枚面俳優若狭さん



『20代最後の日々』…新しい恋人
2007/11/21 水曜日

この半年間で自転車が4回もパンクするという。不運に襲われてます。
計算すると、かなりの金額。

自転車が、自分の体重を負担できていないのだろうか?
長いこと乗ってた愛車だ。
嫌いになったわけじゃない。でも、こうも頻繁に僕を拒絶されてしまっては、どうしても片思いって思ってしまうんだよ。
僕は君と一緒に道を走っていくつもりだったのに…。

だから僕は君から離れる決意をしたよ。
大好きだけど、さようなら。
好きだけど別れるなんてあるもんか!!って思ってたけどあるんだね。

さようなら。


ってことで、新しい女房を手に入れた。
中古車だけど。

今回は念願の6段変速!!!

はえ~よ~!!!!!!!!!!!!



『20代最後の日々』…童貞の美しさ
2007/11/22 木曜日

KAKUYA.jpg
先日、上演された「ビデオスターの悲劇」のDVD(←早い!!)を桑原さんから借りて鑑賞する。
本番が丸被りだったので初めて観る。

KAKUTAメンバーのいつもと違う役どころも凄く新鮮だった。

KAKUTAいつも観てる人なら、原さんと川本さんコンビは、かなり新鮮だったはず。
しかも、恋人通しなんて… うふふ。
あのね、相当面白かったッス。

ああ~生で観たかったな~。
あの寮での85年の青春の一コマ。感じたかったなぁ~。
いや、むしろあの寮に住みたかったなぁ~。


ああ、青春って感じ。
あの芝居を観ている限りだと、確実に桑原さんは童貞を経験しているようにしか感じられなかった。

童貞の頃の淡い少年時代を思い出した。(一年で15人の女性にフラれたあの頃)

%E3%81%97%E3%82%93.jpg
童貞時代の横山です。「童貞だコノヤロー!!」と言っています。



『20代最後の日々』…鑑賞の日
2007/11/23 金曜日

ルデコにて野澤さん客演の舞台を観にいく。
2週間前まで自分が芝居していた場所だ。
1週間前は馬場が同じ場所で客演していた。
正にルデコ祭りだ。

家に帰り、DVDを借りる。
%E3%81%B1.jpg
「パッチギ!2」

1が、かなり好みだったので、というか井筒監督の作品は大体好みだが。
個人的には、1の好きかな。設定的にも。
1のメインキャストが結構、ワンシーンのみチラッと出演されていたりして、なんだか嬉しかった。

最後の盛り上がりは、2の方が爆発力あるかも。
危うく、ポロリと行くとこだった。

こらえました。



『20代最後の日々』…長い一日
2007/11/24 土曜日

先日、朝から駅伝に行ってきた。
いやー。みんな頑張った。
監督としては嬉しいよーーー!!
しっかし、楽しかったなーー。気持ちよかった!!!!
%EF%BD%87%EF%BD%87.jpg
メルマガの企画なんで詳細はメルマガにて。登録まだの方は簡単なんで是非!!
HPトップから出来ますよ~☆

午前中には駅伝を終え、みんなで浅草にて昼間から打ち上げ。
一度、浅草昼間から飲んくれたかったんだよな~。
そういえば、浅草来たの「ムーンライトコースター」以来かな。
%EF%BD%86%EF%BD%86%EF%BD%86.jpg
やっぱ浅草はいいな。心踊っちゃうよ~。



『20代最後の日々』…韓流好き。
2007/11/25 日曜日

DVDで「トンマッコルへようこそ」という韓国映画を観る。
いわゆる韓流映画のラブストーリー系ではなく、笑いあり、涙ありのオールマイティ的作品。
%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B3%E3%83%AB.jpg
バカバカしいところは、とことん本気で馬鹿馬鹿しく、そして最後は泣ける、人情ドラマ。
パッチギ2に続き、戦争の話しが絡んでたのだが、自分は戦争を経験してないけど、本当にこんなことがあってはいけないと思う。
会ったことも話したこともない人同士が、出会う前から敵と認識させられる。
その相手と親友になるかもしれなければ、愛し合うかもしれない。
そんな可能性を全くゼロにして無条件に殺し合う。悲惨すぎる。

この「「トンマッコルへようこそ」という作品はそんな敵同士の軍人達が、ある村で出会い、その村で生活していくうちに最初は警戒しつつも、お互いがどんどん惹かれあって最後は、母国のためでも、命令でもなく、大切な人を守るために力を合わせる。

小さい頃、お祖父ちゃんが戦争のこととかを将棋をしながら、いっぱい話してくれたが、幼すぎて全く覚えていない。当時は、祖父ちゃん話長いなって思ってた記憶はあるけど、今だったら、色々聞きたいことあるのになぁ。

続けて、「魂萌え」という作品。
%E9%AD%82.jpg
これは、前者と打って変わってとっても現代的な作品。旦那に先立たれて、奥さんが、どんどんどんどん強くなっていく。
この作品、出演している役者さんが存在感ある人ばかり。
画面に立っているだけで説得力あるというか、絵になる。
この作品を観て、やっぱり女性って強いなぁって、男ってうじうじしてるなぁってつくづく思う。

しかし、自分が最も共感してしまったのは開始数分で亡くなってしまう旦那さん。亡くなった後に、10年間浮気していたことが発覚してしまう。共感してしまう自分を情けなく思う。

浮気相手を演じる、三田佳子さんメチャメチャ存在感があり、威圧感あったなぁ。
途中にチラッと出てくる、なぎら健壱さん。
ツボでしたっ。



『20代最後の日々』…太っちょの神様
2007/11/27 火曜日

小劇場界の親方こと、ブラジルの辰巳さん。
久しぶりに彼と談笑した。

題名にデブではなく太っちょと書いているのは、僕が彼に対して敬意を表しているからである。
最近、角界では朝青龍問題や時津風部屋問題などでバッシングの嵐である。

辰巳親方も意気消沈しているかと思ったら、彼は思いのほか元気だった。
会って早々、うまい棒を一本上げたら万遍の笑みを返してくれた。

今日一緒にいる中で彼を見直した点が一個ある。
それは、日本人が一番忘れがちなことだ。

彼は食べ物を大事にする。

%E3%81%9F%E3%81%A4%E3%81%BF.jpg
普通に喋ってる間、トントントントン…。

少し止んだと思ったら、またトントントントン……。

%E3%81%9F%E3%81%A4%E3%81%BF2.jpg
ふと見ると彼は、大きな顔で缶を叩いている。叩き続けている。
よく缶は見るとそれは「コーンポタージュ。」

そう!!!彼は、缶の中のコーン一粒たりとも見逃さないのだ!!!
なんてコーンに対して誠実なんだろう。
素敵過ぎる。

こんなに食べ物に対して誠実の太っちょは本当太っちょの鏡だ。

最後にコーン全部食べ尽くした彼は、

「美味い!!これ最高だよ!!でも小さい。」と、とびっきりの笑顔で話した。

見習うべし★



『20代最後の日々』…新宿--渋谷にて
2007/11/28 水曜日

いきつけの新宿のとんかつ屋さんでいつもより一杯多くおかわりをしてしまったので反省も兼ねて、渋谷に用事があったので歩いて向かう。

東京は、いつも時間が早く過ぎている気がする。のんびり歩いて、違った目線で見慣れた街を見るもいいなぁ。


向かう途中、変な看板発見!!
kannbann.jpg
雑居ビルのドアの隣にこのような看板が。
見渡す限りポストはどこにもありません。しかも、看板わざわざ作った様子。
郵便屋さん困るんだろうな…。



『20代最後の日々』…下北沢
2007/11/30 金曜日

本日、スズナリへグリングを観劇へ。
よく考えてみたら、下北で芝居を見るの半年ぶりくらい。
久しぶりの下北。

少し早く着いたので下北をブラブラ。
ブラブラしていると季節がらラブラブしているカップも多数。

僕は一人でブラブラ。
みんなは二人でラブラブ。

うまい!!!(どこが?)

やっぱり、下北はいいな。好みのお店がいっぱいある。
買いたいものいっぱいあったけど、予算の関係上、小物を数点お買い物。
お金があって、何でも買いたいものを買えるのはいいけど、予算の中で悩んでコレというものを買うのがショッピングの醍醐味。楽しいね。

gurinngu.jpg
そして、グリング観劇。
大人達のかなりレベルの高い作品。
劇場を凄くゆったりとした、穏やかな優しい時間が流れる。
片桐はいりさんキャラ濃すぎ。面白すぎ。

グリングの劇団員方達がみんな素敵なんです。素敵なんです。
萩原さん、素敵でした。いつも素敵です。
KAKUTAの本稽古前に良い刺激になりました。