若狭 勝也

若狭勝也

▼ わかさ かつや
生年月日 1974年8月31日
身長 177cm
出身地 大阪府
血液型 O型
趣味 映画鑑賞、フットサル
特技 関西弁
資格 普通自運転免許

若狭勝也のブログ 「SMALL WORLD」

Wakasa Katsuya

1998年・番外公演『パンくず』より参加。以後全作品に出演。
甘いマスクにソフトヴォイスで魅了するKAKUTA随一の正当派役者でありながら、軽やかな演技体で、二枚目と三枚目を行き来する役どころをバラエティー豊かに好演。
11年のKAKUTA公演「ひとよ」では、父親の虐待により吃音と指が曲がらなくなる障害を未だ引きずる三兄弟の長男をリアルに演じて好評を得た。
様々な設定をさらりと魅せる自然体の居ずまいの反面、ユーモアに徹底した主義主張を持つ生粋の大阪人。ブラジル、ちからわざ、イキウメ、ペテカンなどへ客演。またTV、CM、映画など映像の分野でも活躍している。
ちなみに日々の怠惰から生み出した独自の格言を綴る書き初めに定評あり、相田みつに対抗する「“だる”いのちの詩人」でもある。

所属事務所/ノックス
http://www.knocks-inc.com/

代表的な外部出演履歴

'14年4月 アヴァンセプロデュース
『Re:verse(リバース) ~あの瞬間(とき)に戻れたら~』
(脚本・演出/坂上忍) @本多劇場
'14年2~3月 北九州芸術劇場プロデュース 『彼の地』
(作・演出/桑原裕子)@北九州芸術劇場小劇場・あうるすぽっと
’12年11月 ブラジル『行方不明』
(作・演出/ブラジリィー・アン・山田)
@赤坂RED/THEATER
’12年7月 『高木珠里の演劇100人組手』
@北沢タウンホール
’12年5月 ちからわざ 『ハラナイ荘の人々』
(作/佐藤二朗 演出/堤泰之)@ザ・スズナリ
’10年11月 ドラマティック・カンパニ-&Special Playing Company 鈴舟 合同公演 『愛の結晶くん』
(作・演出/堤泰之)@東京公演11月:シアターサンモール @大阪公演12月:一心寺シアター倶楽 
’09年12月 タテヨコ企画 『西から昇る太陽のように』
(作・演出/横田修)@吉祥寺シアター
’08年5月 『日本語を読む~リーディング形式による上演~』
(「彦六大いに笑ふ」作/三好十郎 演出/桑原裕子)@シアタートラム 
'07年10月 劇団東京ヴォードヴィルショー京極圭プロデュース公演vol.2
『ビデオスターの悲劇』
(作・演出/桑原裕子)@中野ザ・ポケット 
'07年7月 ブラジル 『天国』
(作・演出/ブラジリィー・アン・山田)@中野ザ・ポケット@サンモールスタジオ 
'06年3月 イキウメ 『短篇集vol.1 図書館的人生』
(作・演出/前川知大)@サンモールスタジオ 
'06年1月 七里ガ浜オールスターズ
『TOTEMPOLES vol.1』
(作/岡田利規 演出/大久保亜美)@渋谷ギャラリールデコ 
'05年7月雷電第2回公演 『雷電披露宴』
(作/桑原裕子・太田善也・塩塚晃平 演出/堤泰之)@下北沢駅前劇場 
'04年12月 ペテカン 『やわらかな君の髪をなでる』
(作・演出/本田誠人)@下北沢駅前劇場
'04年8月  サ・マ・ン・サ 『サ・マ・ン・サ VOL.5』
(作/太田善也・塩塚晃平 演出/堤泰之)@中野ザ・ポケット
'03年12月 フラジャイル 『BRIDGE−演劇版−』
(作・演出/小里清)@こまばアゴラ劇場
'03年6月 ペテカン 『満月フィルム』
(作・演出/本田誠人)@新宿THEATER/TOPS
'02年9月 CAB DRIVER 『誰かの青い鳥'02』
(作/日下由子 演出/いのべけんじ)@三鷹市芸術文化センター星のホール
'01年10月 フラジャイル 『アナトミア』
(作/小里清 演出/桜井秀峰)@中野ザ・ポケット
'01年6月 CAB DRIVER 『穴』
(作/日下由子 演出/いのべけんじ)@下北沢駅前劇場
'01年2月 ポかリン記憶舎 『回遊魚』
(作・演出/明神慈)@MODAPOLITICA
'00年10月

reset-N 『MARKET』
(作・演出/夏井孝裕)@Star Pine's Cafe